葬儀の種類について

葬儀には一般葬や家族葬、直葬など色々な種類があるので、埼玉で葬儀を行う際は故人の要望などを取り入れ決めるのが良いでしょう。

埼玉で葬儀を行う際の疑問を解消!

喪主は誰がなればよいのですか?

個人と最も縁の深い人がなるものなので、故人の配偶者や子供、兄弟などが行うのが一般的です。

葬儀をするために連絡すべき場所はどこですか?

死亡届の提出や火葬許可証の申請が必要ですが、葬儀社がこれらの手続きを行ってくれます。

お通夜と葬儀はいつ行うのですか?

いつ行わなければならないと明確に決まっていないので、家族やお寺などの都合に合わせて行えます。

家族葬は一般葬よりも料金が安いのですか?

葬儀の料金自体は安くなりますが、お香典がもらえないため最終的に支払う金額は家族葬の方が高くなることもあります。

葬儀を行ってはいけない日はありますか?

地域によっては、友引に葬儀を行うのは「友を道連れにする」として火葬場が休みのところもあります。

悲しくても段取りを決めないといけない

葬儀会場

大切な家族が亡くなると悲しくて仕方がありませんが、悲しくてもお葬式の段取りを決めなければなりません。お葬式に慣れている人はいないので、何から手をつけたらいいのかわからない人がほとんどですが、まずは葬儀社を決める必要があります。病院でも自宅でも亡くなったら遺体を安置してから決めるのが一般的で、専門葬儀社、葬祭業関連会社、冠婚葬祭互助会、共済、異業種の種類があります。選ぶ基準は費用と支払い、担当者を重視し、いくら安くても担当者と話しが合わなければ良い葬儀にはならず、支払いの期日は柔軟に対応してくれるところを選ぶといいでしょう。また選ぶ時には費用が明確かどうかもチェックし、オプションを後から追加され、追加料金がどんどん増えてしまいます。そして埼玉で葬儀社を選ぶ時には、葬儀の形式と規模を決めたら、いくつか候補をしぼって見積を取りましょう。見積は細かく確認し、説明が丁寧でわかりますい業者がおすすめです。

家族葬のメリット

葬儀会場

埼玉では家族葬というスタイルを選ぶ事が多くなっており、家族葬に明確な定義はありませんが家族の他に親しい友人だけの少人数のお葬式の事を家族葬と呼んでいます。家族葬は葬儀の内容を比較的自由に決める事ができ、故人の遺志や家族の希望にあった葬儀が出来る事がメリットです。また家族や親しい友人だけでゆっくりお別れする事ができ、一般葬の場合には参列者の数によって会場や食事、香典返しなどの準備もしなければなりません。心の整理もつかないまま準備をする事は精神的にも大きな負担になるため、家族葬にする事で準備にかかる負担は大幅に減らす事ができます。しかしデメリットもあり、家族葬を理解されない場合もあり、呼ばれなかった人とトラブルになる場合もあります。また一般葬よりも香典が減るため、家族葬にするのか、一般葬にするのか納得できる葬儀を選びましょう。

広告募集中